不動産買い替えのタイミングについて

不動産買い替えの時には、マイホームを先に売ってから新居を購入する『売却を先行』する場合
と新居をまず買ってしまう『購入を先行』する場合があります。
どちらの場合にも、最終的には物件を引き渡すタイミングを合わせることが重要になってきます。

 

買い替えをスムーズにするための最適な流れとは、“売却と家購入のタイミングを合わせる事”が理想なります。
まず、家の売却を先行した時と新たな家の購入を先行した時のそれぞれのメリット・デメリットを説明します。

 

売却を先行した場合のメリット

売却価格が決定するため、購入物件は正確な予算を立てて、決める事ができます。

 

売却を先行した場合のデメリット

家の引き渡し時期によっては、購入物件が決まるまで(出来るまで)の間、仮住まいが必要になってしまう事があります。
こうなると、引っ越しは2回もしないといけなくなりますし、資金・礼金や家賃など余計な出費が増えてしまうことになり、時間も手間もお金もかかってしまいます。

 

新たな家の購入を先行した場合のメリット

住む家の心配がありません。

 

新たな家の購入を先行した場合のデメリット

家を売却した資金がないと新たな物件が購入出来ないという場合は、“買い替えローン”を利用しなくてはいけません。

 

現在の家の残債が残っていなくて、家の購入にかかる頭金などの費用に余裕がある場合は、『家の購入』を先にしてしまっても問題ありません。
また、次の家を“土地から買って注文住宅で…。”という場合にも、家の建設期間がありますねで、余裕をもってはやめ早めにはやめに準備しておく必要があります。
今の家を売却しないと、次の家を変えない人は、もちろん『売却』になります。
ただ、売却を先に決めてしまった場合、引き渡し時期によっては、次に住む家がまだ住めずに、仮住まい場所が必要になってしまうと困るので、新居購入の方も徐々に準備してするようにしましょう。

 

よく、中古住宅物件の広告で目にする「引き渡し時期相談」の文字ですが、
買主にもある程度「この時期までに引き渡して欲しい」という希望があるでしょうから。
それを聞いた上で、新しい家の購入をすすめていけばいいと思います。
そうすれば、最終的に売却と購入完了のタイミングが同じくらいになるので理想的な流れになると思います。